2010年10月22日

シュバルツヴァルダー・キルシュトルテ

「洋菓子講習に行ってきましたexclamation


楽しみにしていた洋菓子講習会に4ヶ月ぶりに行きました。

今回のお菓子は・・・

CA390626.JPG
ドイツ南西部のチェリーを使った代表的なお菓子
「シュバルツヴァルダー・キルシュトルテ」ですexclamation

CA390629.JPG
★クレーム・シャンティイ(クリーム)の表面の
塗り方が今一歩ですが、お手本にほぼ近い状態に
仕上げることができました手(チョキ)


味は甘すぎず絶品黒ハート黒ハート黒ハート

飛んで帰って、就業前のスタッフや主人と

コーヒーを入れて試食タイム。

あまりのおいしさに、2切れずつペロリと食べて

みんなで大満足でしたぴかぴか(新しい)


posted by キティ at 10:52| Comment(2) | TrackBack(0) | パン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今の私には目の毒!
でもたまには?スイーツも食べないと ストレス溜まります。
イギリスのスイーツは実はとっても地味なので 華やかなスイーツには目を奪われます。
以前ドイツ オーストリアに行った時はその種類の多さ 綺麗さに感動しました!ある意味今痩せたい私には ここイギリスに住んでて良かった!?
Posted by はな at 2010年10月22日 17:50
はなさん
コメありがとうございます。
華やかなスイーツには、ホント、目も心も奪われますよね。
作る側になると尚更、手間暇かけて作るので自分で食べてみたくて・・・・
ついつい・・・
食べすぎます(笑)
はなさんも、ストレスを溜めてはいけませんので、頑張ってる自分へのご褒美をたまにはしてあげて下さいね★
洋菓子講習を受講はじめて、イギリスのスイーツをはじめ、各国のスイーツの文化に触れることができて勉強になります。
Posted by キティ at 2010年10月23日 17:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/166708553

この記事へのトラックバック

料理教室・パン教室シオン (TEL)0982−21−2607
〒882−0803 宮崎県延岡市大貫町3丁目1151−3

教師 新田 範美

Mail:shion333@tng.bbiq.jp